中学受験の準備1

中学受験を始める前には、必ず子供に了解をとることを忘れてはいけません。そうしないと後で、もめたときに取り返しがつかなくなります。その他にも、受験前にやっておくことはあります。その中でも志望校選びは重要でしょう。ほとんどの場合、中学受験が必要な学校は首都圏と大阪を中心とした関西に集中していることから、場合によっては引っ越しの可能性も出てくるでしょう。また、合格した場合は最低でも6年間は通うことになるため、学校の校風や特色、進学や就職の実績、金銭面などは必ず見ておきましょう。特に校風は、入ったはいいけど自分にあわなったといったことにならないように慎重に決める必要があります。

 

また、中学受験の勉強を始めるに当たっての塾をどこにするかという問題もあります。基準としては子供がどれだけ勉強に集中できるのか?というポイントで選ぶとよいのではないでしょうか?学習塾にも色々ありますので合格実績だけで、選ぶのではなく実際に見学して雰囲気を隠してから入れるようにしましょう。

 

このように中学受験を始めるに当たっての準備は色々とあります。準備段階から失敗しないようにここではもう少し詳しく解説していこうと思います


志望校を決めてから勉強に望む

中学受験をする子供の中で一番多い理由が「行きたい学校がある」、もしくは親が「子供に行ってほしい学校がある」ということです。目指す志望校が最初にあって勉強することで目標がはっきりするのでモチベーションが上がりやすくなるという利点もあります。一方で、中学受験をすることは決めたけど志望校はまだ、決めていないという方もいます。確かに始めた段階では自分の実力がどのあたりなのかも判断が付きませんし、はいれそうな志望校を狙おうという考えもあるとは思います。しかし、志望校は最初に決めてしまったほうが、目標になるため子供の勉強にも身が入るものです。できるだけ目標校は早く決めておくのがよいと思います。

 

ただ、早く決めようと躍起になる必要はありません。志望校はあくまで目標設定ですから気軽に決めてもかまわないのです。そもそも志望校を決めたからといって必ずそこに入らないというわけではありません。目標を大きく設定しておいて、後から実力に合わせて変えてしまってもかまわないのです。基本的には子供の勉強の原動力となればよいのですから、子供がここに行きたいと自分で選んだ学校を志望校にすれば問題ありませんし、親がこんなに面白い学校があるよと推薦してもかまいません。他にも友達がかよっているとか、家の近くにあって通いやすいとかどんら理由でもかまわないのでとりあえず決めてしまいましょう。

 

そして子供を連れてその学校を見学に行きましょう。志望校を選ぶときには子供に学校に入ったらおもしろそうだなと思わせることが大事なので、必ず下調べはしたいものです。女の子なら制服が可愛かったり、男の子なら部活で活躍できそうだったりとまずは、実際に見学してみて志望校を決定することで後々のがんばりの原動力となるのです。

recommend

失敗しない婚活サイト選びのポイントをご紹介しています。

婚活サイトの比較

ポット用、ティーカップ用の2種類をご用意しています。

国産 プーアール茶

オリジナルアイテムも続々登場!

エスニックファッションの通販

レッドブラウンとベージュを基調としたレトロ感のある落ち着いた隠れ家サロン

池袋 美容院

高価買取全国1を目指します。

化粧品の買取

2014/12/9 更新

Copyright (C) 2014 the.絶対受験 All Rights Reserved.